寝つきが悪い原因とは?楽しく眠れる快眠グッズもご紹介

アイマスクと耳栓快眠グッズ

寝つきが悪い原因とは?

「眠りたいのに眠れない」

そんな悩みを抱えていると、毎日夜辛いですよね?

 

今回はそんな眠りについて悩んでいる方に向けて、寝つきが悪い原因や楽しく眠れる快眠グッズをご紹介します♪ぜひ記事内容を参考にして、今夜から快眠生活をスタートしていきましょう。

そもそも、なぜ寝つきが悪い人とそうではない人がいるのでしょうか?寝つきが悪い主な原因は5つ挙げられます。

 

 

 

ストレス

人間関係で悩んでいたり、仕事のプレッシャーなどがあると、それがストレスとなり快眠できないことがあります。

 

また「明日はやることが多いから早く寝ないと」と無意識に焦ってしまうと緊張してしまい、眠れなくなることも多いです。

 

こちらの記事も読んでみてくださいね!

眠る前のストレスを回避する方法 

 

体内時計が乱れている

仕事の勤務時間が不規則な場合、日常的に昼と夜が逆転してしまうことも。

 

そうなると体内時計が乱れて、夜寝つきが悪くなりやすくなります。

 

 

快眠を手に入れるには体内時計を整えることから始めよう

 

 

環境の変化

騒音や光、夏の熱帯夜や冬の寒さなどの環境の変化で眠りにつけなくなることもあります。

近年はスマホやパソコンを使う方が増え、就寝する直前までブルーライトの光を帯びてしまい、それにより脳が活性化して寝つきが悪くなるケースも増えています。

 

 

 

刺激物の摂取

コーヒーや紅茶といったカフェインやタバコのニコチンを摂取すると、目がさえてしまいます。

 

寝つきが悪い方は、夜のカフェインやニコチンの摂取は控えるようにしましょう。

 

 

 

心身の不調

身体や心の状態によっては快眠できなくなることがあります。

「布団に入ってから眠れるまで1時間以上かかる」、「朝早く起きてしまい、それ以降眠れなくなってしまう」このような状態がひと月以上続いて生活に支障がある場合は、不眠症になっている可能性も。

 

不安な方は、一度専門機関を受診しましょう。

 

 

 

深い睡眠に繋げるためには?

寝つきの悪さを解消し、より深い睡眠に繋げていくためには、快眠しやすい習慣を身に付けていくことが大切です。

 

おすすめの習慣は、寝る前にスマホやパソコン、タブレットの画面を見ないこと。

 

ブルーライトは目や脳を刺激してしまうので、就寝2時間前には見ないようにしましょう。

 

どうしても見てしまう方は、ブルーライトカットをしてくれる眼鏡を装着するのがおすすめです。

 

また、就寝前は体と心をリラックスさせることも大切。

ぬるま湯に30分ほどゆっくり浸かったり、寝室の照明を少し暗くするなど、リラックスしやすい環境を作っていきましょう。

 

 

 

楽しく眠れる快眠グッズ7選

心地良い眠りにはご紹介したような環境づくりをすることも大切ですが、より質の良い眠りを手に入れたい方は、快眠グッズを利用するのがおすすめです。

 

快眠グッズとして人気の高いものを7つご紹介していくので、気になるものをチェックしてみてください。

 

 

 

ひとつ目の快眠グッズは「枕」です。

身体に合わない枕を使っていると、快眠できないだけではなく、肩こりや頭痛の原因となります。

 

幅60㎝、奥行き40㎝以上の枕は寝返りもしても肩まで支えてくれるサイズ。高過ぎず、低すぎない、ちょうど良いサイズを選びましょう。

 

 

 

寝具

布団が寝ている間身体から離れてしまうと、布団が冷えて快眠できません。

 

身体の姿勢を整えることで睡眠の質も高まるので、機能性や素材、体格に合った寝具を選ぶことが大切です。

 

 

 

アイマスク

目を優しく覆ってくれるアイマスクですが、最近はヒーリングサウンドが流れるものや、目を温めてくれるものなどもあり、心地良い眠りに繋げてくれます。

 

アイマスクは何回も利用できるタイプや1回のみの使い捨てタイプに分かれるので、使いやすい方をひとつ用意しておくと、出張でホテルに泊まる時など、慣れていない場所で眠る時も安心です。

 

 

 

遮光カーテン

アイマスクが苦手な方におすすめなのが「遮光カーテン」です。

遮光カーテンは光を室内に通さないので、静かで、リラックスした寝室空間を保ちやすくなります。

但し、遮光カーテンを閉め切ってしまうと朝日を感じることができません。

寝過ごし防止のために、少し隙間を開けるようにしてくださいね。

 

 

 

鼻腔拡張テープ

心地良い眠りには、呼吸も大切です。鼻が詰まっている状態だと呼吸がしにくく、寝つきが悪くなることも。

鼻腔拡張テープは鼻にテープを貼り、鼻腔を広げて呼吸をしやすくしてくれます。

鼻が詰まりやすい方は、ぜひこちらの快眠グッズも活用してみてください。

 

 

 

アロマオイル

ラベンダーやセドロールなどの香りは心をリラックスさせてくれます。

優しい香りが好きな方は、アロマオイルも快眠グッズとして取り入れてみてください。

 

 

 

湯たんぽ

冬の時期は特に、布団が冷えていると寝つきが悪くなることも。就寝前、あらかじめ布団に湯たんぽを入れておけば、布団がポカポカして心地良く、快眠しやすくなります。

 

 

 

 

まとめ

深い睡眠は身体の疲れをしっかり取り除いてくれます。

快眠できれば、日常生活をもっと楽しく、エネルギッシュに過ごすことができますよ。

 

就寝前はゆっくりお風呂に入ったり、アロマオイルを焚くなどして、なるべくリラックスして過ごしましょう。寝つきが悪い方は、ぜひご紹介した快眠グッズを取り入れて、深い睡眠に繋げてみてくださいね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました